Pawshakeのプレミアムプロテクション保障範囲詳細

Pawshakeのプレミアムプロテクション保障範囲詳細

よくあるご質問

ゲストのペットが傷害を受けた場合、ペットシッターと飼い主はどうすべきでしょうか?

  • Pawshakeのペットシッターは、万全を期し、飼い主が何等かの理由で対応できない時のために、予約を入れる前に必ずゲストにインフォメーション用紙(獣医の情報等を含む)と緊急時の連絡先を記入していただくようにしてください。
  • 万が一ゲストのペットが傷害を受けた場合は、いかなる処置をも行う前に、ペットシッターは必ず飼い主あるいは緊急時の連絡先に連絡を取るようにしてください。
  • ペットシッターは、必ず飼い主に直接相談して問題を解決するようにしてください。 ほとんどの場合において、ホストとゲストは自分たちで問題解決を行うようにしてください。

プレミアムプロテクションの請求を行う前にしておくことは何ですか?

  • 万が一ゲストのペットが傷害を受けた場合は、いかなる処置をも行う前に、ペットシッターは必ず飼い主あるいは緊急時の連絡先に連絡を取るようにしてください。
  • ペットシッターまたはPawshakeからペットの飼い主への連絡が付かない場合(例:海外へ旅行中等)で、ペットに獣医の処置が必要になった場合、必要な処置に対する費用は飼い主がペットシッターに返金することに合意します。
  • 該当する場合、飼い主はペットシッターに返金するために自分のペット保険をまず利用します。 飼い主の保険会社が保険金の支払を拒否した場合、または保険に入っていない場合は、飼い主が獣医にかかった費用をペットシッターに返金し、Pawshakeのプレミアムプロテクション請求を行うことができます。

Pawshakeプレミアムプロテクションの請求方法は?

弊社まで以下の情報をメールにてお送りください:

  • 予約番号
  • 事故のあった日付と場所
  • ペットの名前
  • ペットシッターの名前と連絡先詳細
  • 事故の詳細
  • 怪我の写真と獣医からの請求書
  • 飼い主の選んだ獣医の連絡先詳細
  • ペット保険契約番号と保険会社(該当する場合のみ)

請求が処理されるのにかかる時間は?

処理にかかる時間はその件の重要度、証拠の質、ホストとゲストの協力の度合いによりますが、ほとんどのケースでは、請求が行われてから1か月以内に解決できるよう努力しています。

Pawshakeのプレミアムプロテクション保障範囲詳細

保障範囲

  • 犬のホームステイ
  • デイケア
  • ペット預かり
  • 猫のケア
  • 犬の散歩
  • Pawshakeペットシッターによる、Pawshake予約先の送り迎え
  • Pawshakeウェブサイト、携帯アプリで予約された、またはカスタマーケアチームに報告されたすべてのペットサービス

保障内容に含まれるもの

  • ケア、管理、コントロール – ペットシッターのケア下にある動物の獣医費用: ペットシッターのケア、管理、コントロール下にあるゲストのペットに対する獣医費用を保障します。 医療請求には飼い主負担となる¥40,000 の免責額があります。サービス中の怪我に対する獣医費用には、 ¥400,000 の限度額が適用されます。 限度額に達すると、それ以降、病気または怪我に対する保障は行われません。
  • 失敗と脱落 (職業上の責任としても知られる) – ゲストのペットに対する事故時の怪我に対しての保証: シッターのケア下での事故による怪我に対する保障です。 この種の保険は、シッターがケア中に、シッターの不注意でなく、事故でペットが怪我をした場合に特にペットの飼い主とシッターに安心を与えるものです。 請求は、請求発生時にペットシッターが ¥40,000 までの超過分を支払うことになります。
  • 賠償責任保険(一般損害賠償責任保険)– 第三者からの請求に対し、ペットシッターを保障する: ペットシッターが第三者に対して身体的な傷害または第三者の所有物に対して損害を与え、法的に損害賠償を支払う責任が出た場合に、賠償額を全額保障するものです。 請求は、請求発生時にペットシッターが ¥40,000 までの超過分を支払うことになります。

例外

これで安心! プレミアムプロテクションで保障されないものは?

  • Pawshakeウェブサイト、携帯アプリ外で予約されたサービス
  • 「ご挨拶」ミーティング時に発生した損害または医療ケア、またはいかなる事故や問題。 Pawshakeアプリまたはサイトにて確認された予約日付内に関してのみ保障が行われます。
  • ペットシッターとその関係者(家族等)に対する怪我で、 ゲストのペットが原因となったもの
  • ペットシッターの個人所有物(車や家等)に対する損害 
  • プロの義務に違反した行為(例:一般的に考えてひもに繋いで散歩すべき場所でつながずに散歩する等) 自分とペットの安全を第一に考えましょう!
  • ゲストペットの既往症、年齢によるものや病気の治療(例:呼吸器感染、尿路・膀胱感染症、血液疾患、嘔吐、下痢、その他の胃腸疾患) ペットを預かる前に、ゲストについてできるだけ多くの情報を得ることが大変重要です!
  • ペットの継続的医療にかかる費用のための飼い主の収入減
  • ゲストのペットの ‘ショー’ 価値の減少
  • Pawshakeでの予約の結果起こった、祝日や旅行の予定のキャンセルにかかるキャンセル料または費用
  • Pawshakeの予約の結果起こった交通費
  • Pawshakeの予約によって起こった給与や収入の減少
  • Pawshakeでの予約の結果起こった感情的ストレス

利用できないのは?

  • 以前他の動物または人に関連する攻撃に関わった、医療的処置が必要なペット-予約前になるべく多くの情報を得ることが重要なのはこういった理由からなのです!
  • 適当な権威から危険な犬と定義されているペット、およびそのような危険な犬のケアから発生した請求
  • ペットシッター自身のペットは、Pawshakeの予約によって起こった怪我や損害に対しては保障されません。
  • プロの犬預かり所
  • Pawshakeスタッフによって電話での確認ができないペットシッターおよび/または過去5年間に犯罪歴のある人(交通違反を除く)。


Pawshakeはこの保険に関して金額を変更することは一切ありません。 保障は第三者によって書かれたポリシーによって提供されており、契約条件、制限、また例外の適用を受けます。

お手伝いします! Pawshakeのプレミアムプロテクション・プログラムまたはプログラムがあなたとあなたのペットついて与える影響について、ご質問がある場合は 弊社までご連絡ください